• 体質改善
  • 夫婦の問題
  • 妊活サプリ
  • 高齢出産
510
2015.06.21

おすすめの妊活サプリの選び方


c134197882649866167da216cae04ee5_s

妊活サプリって沢山ありすぎて、どれがいいか分かりませんよね?自分にあった妊活サプリをはやく見つけたい。。。

 

 1日でも早くかわいい赤ちゃんに出会いたい!我が子を抱きしめたい!妊活に励んでいらっしゃる皆さんは日々食事や運動などに努力されていることでしょう。それでもなかなか授かれない、他に何かできることはないのか?と次に考えるのがサプリメントではないでしょうか。葉酸、マカ、ザクロ、ビタミンE等妊活によいとされるサプリは様々ですが、その成分の効用を今一度確認しておきましょう。

 

葉酸は細胞分裂に関わる成分で、赤ちゃんの神経館閉鎖障害などの先天性異常に予防効果があることが証明されています。実際、厚生労働省も摂取を勧めているのです。赤ちゃんの神経ができるのが妊娠3週〜5週と言われていますが、実際私たちが妊娠検査薬で妊娠を確認できるのは4週過ぎ。「妊娠してから」摂取を始めるのは遅過ぎます。まだ見ぬ我が子のために妊活中からとっておきたい栄養です。

 

マカと言えば男性の精力増強、疲労回復が思い浮かぶかと思いますが、「卵巣・子宮周りの血流をよくする」、「ホルモンバランスを整える」効果もあることをご存知でしたか?元気な卵子を育むにもその卵子をスムーズに排卵させるにもよい血流は欠かせません。受精卵が着床するふかふかの内膜もよい血流によって作られます。

 

妊活サプリ購入のポイント

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

葉酸もマカもたくさんのメーカーから発売されいて、いったいどれがいいのか迷われる方もいらっしゃるでしょう。せっかく飲むサプリです。時間と労力を無断にしないためにもサプリを選ぶ際のポイントをあげておきます。

 

  • 1.飲みやすいものを!

ダイエットや美容のためにサプリと同じように、妊活サプリも長くつづけてこそ効果が実感できるものです。赤ちゃんのことを思えば、からだに急激な変化があるようなものは返って怖い気もします。私自身も海外のサプリなどを試してみて、錠剤が大きすぎて飲みにくかったり、ニオイや味が気になって飲めないものもありました。いくら成分がよく、効果が高いものであっても、こういうものは続けられません。1日でも早い妊娠を望むからこそ長く続けられるもの、葉酸は出産まで飲み続けるものですから自分のお気に入りのものを見つけることが大切です。

  • 2.サポートの充実したメーカーが吉!

サプリメントは薬ではないと言っても、体のことですから疑問や質問も湧いてきます。わからないことを不妊治療のお医者さんに聞いたとしても、それがその先生の処方のものでない限り、はっきりしたことは答えてくれない場合が多いことと思います。自分で買ったものは自己責任ですからいたしかたありません。

では、その質問は直接メーカーに聞いてみたらどうか?そう思ってメーカーさんに問い合わせたところ、メーカーによって対応がずいぶん違うことがわかりました。一般に大手メーカーさんはとおりいっぺんのあたりさわりのない答えが多く、あまり対応がよいとは感じられませんでした。大手では1日の問い合わせ数も多いでしょうし、薬剤師さんがサポートするような製薬メーカーの場合は薬事法に触れるような効能には言及できないもの当然です。

これにたいして、妊活サプリメーカーの対応はすばらしかったです。こちらの質問に的確に答えてくださる知識の豊富さもさることながら、カウンセラーのように私の悩みをうけとめ寄り添ってくれる優しさも感じました。きっと日々、妊活女性と向き合っているからこその対応だと思います。不妊治療はただでさえもストレスのたまるもの。同じサプリを飲むのであれば、やはりサポートの充実したメーカーを選ぶべきだと思います。

  • 3.大切なのは価格ではない

サプリメントは同じ成分が入ってもいっても安いものから高いものまであり、適正価格がわかりにくくありませんか?赤ちゃんの健康のことを考えれば、あまり安すぎるものは心配ですし、高すぎるものは継続するのが難しくなります。自分の体と赤ちゃんに必要な成分がしっかりと含まれているもの、少しでも質のよいものを選ぶことが妊娠に近づく早道です。そのためにも、価格ではなく成分をしっかり見ることが必要です。

 

目的別オススメサプリ

不妊に悩む方の代表的なお悩みとも言える卵子の質、冷え、生理不順(排卵障害)、男性の精子の質と量を改善するためのサプリについて紹介します。

 

卵子の質を高めるために

ここ最近注目されるようになった卵子の質。卵子の質低下の最大の原因は老化です。毎日作られる男性の精子と違い、女性の卵子は私たち胎児だった時にすでに作られるので、卵子の年齢は女性の年齢+1歳なのです。卵子の質の低下のために、うまく受精できなかったり、たとえ受精して着床したとしてもその後流産してしまったりします。卵子の質低下の原因は老化だと書きましたが、老化の原因をご存知ですか?それが活性酸素です。活性酸素は人間の体がストレスを受けると発生する物質で、体中の細胞を傷つけます。精子や卵子も細胞ですから、同じように傷つけられるのです。活性酸素に対抗するには抗酸化作用のあるものをとることが必要です。具体的成分としてはビタミンE、ビタミンCが有名です。ルイボスやザクロはこのビタミンEやCだけでなくその他の抗酸化物質も豊富です。

冷え解消のために

プリプリの卵子を育てるためにも、赤ちゃんが着床するための内膜を用意してあげるためにも冷えは大敵です。冷えを解消するためには血流をよくし、体を温める必要があります。DHA・EPA(オメガ3脂肪酸)には血栓を予防し血液をサラサラにする効果がありますし、マカやローヤルゼリーは血流量をアップすると言われています。ここ数年、生姜紅茶などがブームとなったので、ご存知の方も多いかと思いますが、生姜は体の内部から熱を作り出すのを助けてくれます。ザクロにもこのような作用があると言われています。 ちなみに1番冷え解消効果のある妊活サプリは下記です↓

マカザクロサプリ『ハグクミの恵み』

生理周期を整えるために

不妊治療をしている方の中には生理周期が一定でない(つまり生理不順の)方が多いと思われます。生理周期が一定でないのは、排卵がない、排卵時期が早い、遅い、黄体期が短い、長い等さまざまな原因があります。排卵がなければ妊娠は不可能ですし、排卵時期がずれるのは卵子の質に影響があります。黄体期が短い場合には黄体機能不全といって着床しにくくなっている可能性も考えられます。つまり、生理周期を整えることが妊娠体質に近づく一歩でもあります。

生理修理を整えるにはホルモンバランスを整えることが大切です。ビタミンEは自律神経に働きかけてホルモンのバランスを整える作用があるため、昔から「妊娠ビタミン」とも呼ばれています。マカやザクロには女性ホルモンと似た働きをする物質がふくまれているため、妊娠を望む女性にはぜひとってほしい食品です。

男性のための妊活サプリ

不妊の原因の50%は男性側に原因があります。一見健康に見える女性が不妊に悩んでいるのと同じように、何の問題もないと思われる男性でも、精子の運動質が悪かったり、染色体異常が多く、受精しないということがあるのです。つまり、妊活は女性だけが努力すればいいというものではありません。男性も早めに不妊検査を行い必要な治療を行うことが必要です。治療の必要のない男性でも、必要な栄養を摂取することで、妊娠の可能性をあげることができると言われています。

精子の質を上げるには亜鉛が効果的です。また、ビタミンC、ビタミンEなど抗酸化作用のある物質が精子の質の劣化を防いでくれます。最近では、葉酸が精子の染色体異常防止に有効だという研究もあります。 ちなみに今一番選ばれている男性向け妊活サプリです!購入は下記をクリック↓

日本不妊学会で発表された男性不妊サプリ「OG・ハーブ」

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)予防のために

多嚢胞性卵巣症候群は卵胞が卵巣の中にたくさんでき、発育はするのになかなか排卵しない病態です。多嚢胞性卵巣症候群というのは長い名前のために、「polycystic ovary syndrome」という英語の病名の頭文字をとって、PCOSと呼ばれます。「病名」と書きましたが、深刻な病気ではなく、きちんと検査を受け適切な治療が行われれば健康に問題はありませんし、妊娠も不可能ではありません。ただ、不妊治療で排卵誘発の際に卵巣過剰刺激症候群になりやすいのが問題です。これは卵巣が腫れ上がり、腹水や時に胸水などの症状がおこり入院が必要なこともある怖い症状です。多嚢胞性卵巣症候群はしっかり医師の診察を受け相談することが必要です。自分でできる予防策として、ビニトールが含まれる妊活サプリを飲むことも一つの方法です。 ちなみに多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)予防に一番聞くのはこの妊活サプリです。↓

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

妊活に効く栄養素をご紹介

772d839edf4bd9275ed4390bc5d3622d_s

妊活をしている皆さんには常識かもしれませんが、マカ・葉酸以外にもよく取り上げられる栄養成分をまとめます。

 

◆ビタミンE

自律神経を整え、ホルモンバランスを正常に保つ働きもあるビタミンEは不妊治療専門医の間では「妊娠ビタミン」とも呼ばれる大切な栄養成分です。生理不順や排卵機能の改善効果の他、強い抗酸化作用のおかげで卵子や精子を活性酸素から守り、質の低下予防も期待されています。

◆亜鉛

別名「セックスミネラル」とも呼ばれる亜鉛は男性の精子の質をあげ、性欲を高める作用が有名ですが、実は内膜を作る材料にもなるため、妊活中の女性には欠かせない成分です。多くの妊活アプリに配合されています。

◆ルイボス(ルイボスティー)

アンチエイジングや疲労回復効果のために飲んでいる方も多いルイボスティー。それは協力な抗酸化作用をもつSOD酵素という成分のおかげです。この抗酸化作用はもちろん精子や卵子にも働き、質の低下を防いでくれます。糖尿病や高血圧の予防効果もあると言われ、高齢出産を目指す女性には妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の予防のためにも有効です。

◆ザクロ(ザクロジュース)

妊活中の方は知らない人がいないのではないかと思われるほど有名な妊活食品であるザクロ。ザクロには体内で女性ホルモンに似た働きをしてくれるエストロンという成分が入っており、これがホルモンバランスを整えることで排卵障害などを改善してくれると言われています。最近は男性機能の改善効果や妊娠高血圧症候群の予防効果があるという報告もあります。

◆DHA・EPA・オメガ3脂肪酸

DHAやEPAのサプリというと成人病の予防や高齢者の脳梗塞の予防などのイメージが強いかと思います。それはこれらの成分に血液中のコレステロールを取り除き血栓を予防する効果、つまり血液サラサラ効果があるためです。血液がサラサラになるということは体内の血液のめぐりがよくなるということ。妊活にとってこの血流の働きがとても大切であることは皆さんよくご存知かと思います。子宮や卵巣周りの血流がよくなれば、子宮や卵巣の環境も改善され、よい卵子を育み、着床可能な内膜の準備ができます。

オメガ3脂肪酸と呼ばれる脂質にはDHAやEPA、αリノレン酸が分類されますので、「オメガ3脂肪酸がとれる」ということと「DHA・EPAがとれる」というのはほぼ同義です。以前、蛯原英里さんが紹介し、その後テレビなどでも話題になった「亜麻仁の母油」にはオメガ3脂肪酸がたっぶり入っています。

 

♪おすすめの妊活サプリ♪

おすすめのマカは ハグクミの恵み

マカの中では「ハグクミの恵」をお勧めします。マカは疲労回復や精力増強によいとされ、妊活アプリの定番です。その中でもハグクミの恵みにはホルモンバランスを整えるザクロや体をあたためる生姜が入っており、血の巡りをよくし冷えを解消してくれる効果が期待できます。タイミング法での妊娠にトライしている方はご夫婦で飲むべき妊活サプリです。 購入は下記からどうぞ↓

マカザクロサプリ『ハグクミの恵み』

 

おすすめの葉酸サプリはベジママ

葉酸でお勧めしたいのはベジママです。葉酸サプリは赤ちゃんの先天性異常予防のために欠かせない栄養素ですが、食事から必要量を摂取することが難しいため、厚生労働省もサプリからの摂取を推奨しています。そのため葉酸サプリはたくさんのメーカーから販売されています。その中でもベジママは葉酸に加え、抗酸化作用の強いビタミンE、ビタミンEの抗酸化作用を助けるビタミンC、ルイボスが配合されていますので、卵子の質をあげたい方、血流やホルモンバランスを改善したい方にはぜひおすすめです。また、血糖値を下げるビニトールという成分を配合されていますので、多嚢胞性卵巣症候群の改善や妊娠糖尿病の予防にも効果があります。葉酸+ビニトールの組み合わせは他になかなかないものです。 購入は下記からどうぞ↓

【公式】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』

 

 

以上です。妊娠を願われている皆様のお役に立てましたでしょうか?

それでは、妊活を頑張ってらっしゃる方々へいい情報があればまた発信していきますので、宜しくお願い致します!